SSブログ

「プンタレッレのアンチョビソース」で一杯! [グルメ・料理]

DSC03696.jpg














DSC03687.jpg

この日は友人と久しぶりに、東武東上線上板橋駅北口近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。











DSC03690.jpg

まずは、「ナミナミスパークリングワイン」で乾杯ですが・・・










DSC03691.jpg

口からお迎えに行って、喉を潤します。










DSC03689.jpg

お通しは、「バケット」、オリーブオイルでいただきます。









DSC03697.jpg

肴は、「空豆とペコリーノチーズ」です。










DSC03700.jpg

生の空豆を細かくして、オリーブオイル、黒胡椒、羊のチーズ・ペコリーノチーズをかけていただきます。









DSC03701.jpg

生臭さはほとんど感じません。
美味しい前菜です。









DSC03692.jpg

「プンタレッレのアンチョビソース」です。
プンタレッレ(プンタレッラ)はイタリアからの空輸だそうです。









DSC03693.jpg

シャキシャキの歯ごたえで、苦みもちょっと感じられます。










DSC03695.jpg

冬から春先にかけて、ローマでよく食べられる野菜で、カタローニャというチコリの一種のイタリア野菜の新芽だそうです。
アンチョビソースが美味しいです。









DSC03704.jpg

ここで白ワインです。
イタリア北部のワイン産地、オルトレポー・パヴェーゼの「ピノ・グリージョ」です。










DSC03703.jpg

酸味があって、フルーティー、苦味も少し感じる好みのワインです。









DSC03706.jpg

「生ハムサラミ盛り合わせ」です。









DSC03707.jpg

これが標準の大きさですが、かなりの量がありますね。










DSC03712.jpg

メインは、「鴨ロースの炭火焼き」です。









DSC03716.jpg

二人でも十分な量ですが、先日は一人で食べてしまいました。











DSC03717.jpg

ベリージャムが合いますね。










DSC03710.jpg

と言うことで、赤ワインです。
「チロ・クラシコ」、南イタリア・カラプリア州のガリオッポ100%のワインです。
軽い飲み口なのですが、後でタンニンを感じる赤ワインです。










DSC03725.jpg

〆はグラッパ、「グラッパ・ディ・ピノ・ネロ」(42度)です。











DSC03728.jpg

それをマイグラスでいただきました。











DSC03723.jpg

つまみは「ミックスナッツ」です。

ご馳走様でした。





nice!(59)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 59

コメント 3

みうさぎ

これはお口からお迎えに行かないと
零れます(笑)

by みうさぎ (2021-02-22 16:32) 

ぼんぼちぼちぼち

そら豆って生でも食べられるのでやすね。
目からウロコでやす。食べてみたいでやす。
そういえば、タイ料理を食べに行ったとき、付け合せに生のインゲンが添えられていて驚いたこともありやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2021-02-22 18:06) 

newton

みうさぎさま、コメントを有り難うございます。スパークリングワインの表面張力です(笑)。立ち飲みの雰囲気で飲めます!

ぼんぼちぼちぼちさま、コメントを有り難うございます。ローマで食べられる空豆とは品種は違うようです。昔、この店でローマ風に、皮をむいて、そのままの出されたことがありましたが、かなり青臭くて食べにくかったです。その後、日本のほかのイタリアンで出されたこの料理を食べたところ、みじん切りで食べやすかったそうです。ご自分で作るときは、みじん切りにした方が良さそうです。自分でも作れますよね。
by newton (2021-02-24 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。