SSブログ
前の10件 | -

「香り豚生ハムのアボ生春巻」で一杯! [グルメ・料理]

DSC04861.jpg













DSC04852.jpg

“まん防”発令中のこの日は、川口駅東口から徒歩5分ほどのところにある“川口ブルワリー”にお邪魔しました。









DSC04856.jpg

誰もいなかったカウンター席に陣どります。










DSC04857.jpg

まずは、おススメの限定自家醸造ビールから、「YUZU-ゆず-ソルト」のSサイズです。
埼玉県入間郡越生町の浅見農園の「柚子」と「塩」を使ったビールです。
柚子の爽やかな味わいに、わずかに塩気を感じるくらいで、仄かな苦味のスッキリとしたビールです。










DSC04858.jpg

肴は、とにかく早い「パスタスナック」です。









DSC04859.jpg

いつまでも食べられる肴です。










DSC04860.jpg

メインは、「香り豚生ハムのアボ生春巻」です。









DSC04863.jpg

周りにかかっているのは、多分、サワークリームです。













埼玉県の香り豚の生ハムを生春巻きで巻いた肴ですが・・・・
DSC04864.jpg

真ん中から切ると、半熟玉子が流れ出します。










DSC04867.jpg

よく見ると、「アボカド」と「ザワークラウト」が入っています。
生ハムとモチッとした春巻の皮の食感が良いですね。
半熟卵が美味しさを倍増させているようです。









DSC04862.jpg

DSC04869.jpg

甘辛いチリソースが味変になります。











ビールが進みます。
DSC04872.jpg

と言うことで、秩父麦酒醸造所「塩熊のゴーゼ」です。
去年の11月、秩父鉄道に乗りに行ったときに立ち寄った“マホロバル”の醸造元です。
カクテルのマルゲリータをオマージュしたビールだそうで、酸味の利いたフルーティーな味わいです。










DSC04874.jpg

さらに、「荒川サンセットIPA」です。
IPAらしい苦味とほんのりとした甘みが美味しいです。










DSC04876.jpg

「自家製狭山茶チップス」です。









DSC04878.jpg

緑色は海苔ではなく、お茶の葉です。









DSC04877.jpg

揚げたてのポテトチップス、ほんのりとした茶の香りとともに、パリッと芳ばしく揚がっています。










DSC04884.jpg

「川口ハイボール」の濃いめです。
川口のサッカーチームの甘口サイダー「アヴェントゥーラサイダー」を富士山ウイスキーで割ったものです。
甘めと言うことで、プラス料金でウイスキーは濃いめにしていただきました。









DSC04886.jpg

〆は、「富士山ウイスキー」のオンザロック、これも濃いめです(苦笑)。

21時までなので、ゆっくりといただきました。










DSC04851.jpg

ご馳走様でした。


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンヨー食品「ぶたのほし監修 さかなとんこつラーメン」を食す! [グルメ・料理]

DSC04887.jpg

4月13日発売のサンヨー食品「ぶたのほし監修 さかなとんこつラーメン」をコンビニで見つけて購入しました。
ファミマ限定のカップ麺です。










DSC04892.jpg

“ぶたのほし”は兵庫県尼崎市にあるラーメン屋さんです。










DSC04890.jpg

“さかなとんこつ”の味が気になります。










DSC04894.jpg

上蓋をめくると、工場長の高田さんが現れます。
腕組みではなく、手のひらの上に顎を乗せるという写真は新鮮です(笑)。
“カップの底から良く混ぜるのが大事”と言うことは、底にエキスがたまると言うことですね。










DSC04895.jpg

DSC04897.jpg

カップの中から、「液体スープ」を取り出します。









DSC04898.jpg

黒いナルトが珍しいです。










DSC04902.jpg

お湯を入れて、5分+30秒待ちます。










DSC04904.jpg

上蓋を剥がします。
具材の「ナルト」「ネギ」「味付き豚肉」が見えます。










DSC04907.jpg

良くかき混ぜた後、「液体スープ」を注ぎます。
魚介スープの香りが漂います。









DSC04908.jpg

さらに、良くかき混ぜて完成です。










DSC04910.jpg

まずは、スープを一口・・・・、豚骨スープに魚介の味が加わっていて美味しいです。











DSC04915.jpg

麺は太麺で、しっかりとした噛みごたえです。













DSC04913.jpg

具材の「黒いナルト」も、味は変わらないようです。










DSC04917.jpg

もちろんスープも完食!










DSC04889.jpg

ご馳走様でした。


nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サッポロ一番「博多純情らーめん Shin Shin 炊き出し豚骨らーめん」を食す! [グルメ・料理]

DSC04826.jpg

4月6日発売のサッポロ一番「博多純情らーめん Shin Shin 炊き出し豚骨らーめん」をコンビニで見つけて購入しました。









DSC04828.jpg

“福岡でしか食べられない地元の行列店”の博多純情ラーメンShin Shin監修のカップ麺です。










DSC04827.jpg

“炊きだし豚骨らーめん”、麺のかたさによって置いておく時間の目安が違います。










DSC04833.jpg

店舗は6店舗ありますが、今年3月にオープンした福岡PARCO店は、プリントに間に合わなかったようです。










DSC04831.jpg

上蓋から「仕上げの小袋」を剥がします。










DSC04835.jpg

上蓋をめくります。
具材の「肉そぼろ」、「ねぎ」、「キクラゲ」が見えます。










DSC04836.jpg

お湯を注いで、オススメの2分待ちます。










DSC04837.jpg

上蓋を剥がします。
麺の細さが良く分かります。










DSC04840.jpg

良くかき混ぜて、「仕上げの小袋」を投入します。











DSC04846.jpg

2分だと、まだ麺が絡み合ったままなので、良く解して完成です。










DSC04849.jpg

まずは、スープを一口・・・、臭みや雑味が感じられない豚骨スープです。
ポークエキスをベースに、鶏ガラエキスのコク、たまねぎ、にんにく、しょうがといった香味野菜を合わせたスープで、美味しいです。










DSC04847.jpg

麺は細麺で、2分のカタ麺でも混ぜたりしているとちょうど良い硬さになります。










DSC04843.jpg

具材の「肉そぼろ」、「ねぎ」、「キクラゲ」はシンプルですが、ちょうど良いですね。
キクラゲのコリッとした食感が残っています。










DSC04850.jpg

もちろんスープも完食!










DSC04829.jpg

ご馳走様でした。



nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「鯵の南蛮漬け」で一杯! [グルメ・料理]

DSC04789.jpg















DSC04771.jpg

この日は、東武東上線ときわ台駅南口近くの“酒と醸し料理 BY”にお邪魔しました。
“まん防”前ということで、20時がラストオーダーです。


“まん防”期間中は、お休みになってしまいました(涙)。









DSC04801.jpg

隣の席とは、シールドで仕切られています。










DSC04772.jpg

まずは、本日の8種類から日本酒を選びます。










DSC04775.jpg

ラベルが可愛い茨城県筑西市の来福酒造「来福 純米吟醸 イチゴの花酵母 出羽燦々 55%精米」の冷酒です。










DSC04774.jpg

口に含むと、イチゴの甘い香りと爽やかな甘さが広場がります。
スタートに良いお酒です。












肴は、“おつまみ小鉢セット三品”セットです。
DSC04780.jpg

一品目は、「きゅうりとパプリカのぱりぱり漬け」です。











DSC04779.jpg

きゅうりとパプリカのしゃきしゃきとした食感に白ゴマが芳ばしいアクセントになっています。










DSC04784.jpg

次は、長野県長野市信州新町の尾澤酒造場「十九 Polaris(ポラリス)美山錦 55%精米」の冷酒です。
お酒の名前通り、北極星のデザインです。











DSC04783.jpg

ソーダのような爽やかな甘さがスッーと喉の奥に消えて行きます。











DSC04786.jpg

二品目は、「鯵の南蛮漬け」です。











DSC04791.jpg

良い案配の漬け具合で、酒が進みますね。











DSC04793.jpg

長野県佐久市の土屋酒造「亀の海 旨口純米 ひとごこち 59%精米」の冷酒です。










DSC04792.jpg

メロンのような甘味と軽い酸味が美味しいお酒です。











DSC04796.jpg

三品目は、「豚肉と切昆布の醤油麹煮」、柔らかく煮えていて優しい味です。











DSC04802.jpg

豚肉と昆布が合いますね。











DSC04805.jpg

奈良県北葛城郡広陵町の長龍酒造「長龍 蒼穂 純米 山之まみ酵母 露葉風65%精米」の冷酒です。









DSC04804.jpg

米のうまみと酸味のバランスの良いお酒です。











DSC04813.jpg

肴のラストは、「塩こうじモツ煮」、七味をかけていただきました。










DSC04815.jpg

具材は、大根、人参、ごぼう、こんにゃく、生姜が入ります。












DSC04822.jpg

モツが柔らかく、美味しいです。












DSC04811.jpg

お酒のラストは、香川県仲多度津郡 西野金陵「金陵 濃醇純米 オオセト70%精米」の燗酒です。












DSC04810.jpg

米のうまみと酸味をしっかりと感じられる燗酒です。

ご馳走様でした。




nice!(59)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

「グリーンアスパラの塩焼き」で一杯! [グルメ・料理]

DSC04643.jpg













DSC04624.jpg

この日は、池袋東口近くの居酒屋“万事快調”にお邪魔しました。










DSC04631.jpg

前回に続いて、通りに面したカウンター席に陣取りました。









DSC04625.jpg

まずは、本日の5タップからクラフトビールを選びます。









DSC04627.jpg

北海道空知郡上富良野町の勿布古丹(ホップコタン)醸造「新境地」、インペリアルイタリアンピルスナーで、ほろ苦さに甘さが加わったスッキリとしたのど越しのビールです。









DSC04629.jpg

お通しは、「ニラの玉子豆腐」です。
甘めの玉子が美味しいです。









DSC04634.jpg

肴は、「鯵の叩き」、茗荷と大葉が利いています。









DSC04639.jpg

生姜をつけていただきました。











日本酒です。
DSC04640.jpg

愛知県津島市の長珍酒造「長珍 亀ノ尾 純米 生 無濾過 65%精米」の冷酒です。
米の旨味、甘みを感じます。










DSC04642.jpg

「グリーンアスパラの塩焼き」です。










DSC04645.jpg

DSC04647.jpg

グリーンアスパラの甘みに、自家製マヨネーズのマイルドな酸味が加わって、酒が進みます。










DSC04648.jpg

大阪府豊能郡能勢町の秋鹿酒造「奥鹿 自営田山田錦 山廃 純米吟醸生原酒60%精米」の常温です。










DSC04652.jpg

「酒肴三趣盛り」です(ピンぼけ)。










DSC04655.jpg

左から、「馬のベーコン」、スモーキーな馬の脂身が美味しいです。









DSC04669.jpg

粒入りマスタードが合います。










DSC04656.jpg

「蕗味噌」、ほろ苦い蕗味噌で酒が進みます!










DSC04661.jpg

「ひたし豆」、優しい出汁で煮ふくめられた豆の味が甘いです。
舌でつぶれる柔らかさです。










DSC04665.jpg

京都府京丹後市の木下酒造「純米 山廃 雄町 無濾過生原酒 66%精米」の常温です。










DSC04673.jpg

〆は、「豚バラ一夜干し」です。









DSC04676.jpg

カリッカリの豚バラが美味しいです。










DSC04670.jpg

合わせたのは、神奈川県川崎市のブリマーブルーイング「ポーター」です。
チョコレートの風味を感じる、まろやかな味わいの黒ビールです。









DSC04623.jpg

ご馳走様でした。

“まん防”のため、19時ラストオーダー、20時閉店になります。
(これで防げるのかなぁ~)





nice!(65)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「黒豆マスカルポーネ」で一杯! [グルメ・料理]

DSC04749.jpg
















DSC04704.jpg

この日は、3か月ぶりに地元の居酒屋“晴れのち晴れ”にお邪魔しました。
20時ラストオーダーになったから訪問することができました。










DSC04711.jpg

19時前、カウンター席は小生だけでした(後にほぼ満席に)。










DSC04706.jpg

まずは、キリンのブルックリン・ブルワリー「ブルックリンラガー」で喉を潤します。
ホップが利いた苦味のあるラガーです。










DSC04707.jpg

お通しは、「厚揚げの桜エビ大根おろし乗せ」です。











DSC04709.jpg

桜エビの香りと食感が味を引き立てています。










DSC04712.jpg

次のお酒は、「シャリ金黒ホッピー割り」です。










DSC04714.jpg

シャーベット状にした金宮焼酎に黒ホッピー注ぎます。










DSC04715.jpg

肴は、「フルーツトマトとパクチーの白和え」です。










DSC04722.jpg

甘みと酸味のバランスのとれたフルーツトマトに、ほんのり甘い白和え、全体をパクチーが引き締めます。










DSC04718.jpg

ナッツがアクセントになった美味しい前菜です。











DSC04723.jpg

「炭焼き空豆」です。










DSC04726.jpg

焼いた空豆の甘さに塩が合いますね。


酒が進みます。











DSC04727.jpg

「谷中生姜肉巻き揚げ」です。










DSC04728.jpg

谷中生姜はまだ早い感じでしたが、谷中生姜というだけで反応してしまいました(笑)。











DSC04733.jpg

それに肉を巻いて揚げたもので、生姜が大きくなるともっと美味しくなりますね。
塩はいらないと思いました。











DSC04734.jpg

「カレイのカレーフリット」です。










DSC04737.jpg

ちょっとダジャレの利いた肴ですが、カレーの風味はそこそこで、カリッと揚がったカレイがサクッとした食感で美味しいです。










DSC04736.jpg

DSC04740.jpg

自家製タルタルとの相性が抜群ですね。













DSC04757.jpg

ラストオーダーは、「酎ハイ」です。












DSC04753.jpg

そして、「黒豆マスカルポーネ」です。















DSC04765.jpg

チーズと言いながらも、デザートのような甘さのあるマスカルポーネチーズに、これまた甘い黒豆を合わせた肴です。
デザートのような肴ですが、酎ハイに合いました。

ご馳走様でした。





nice!(69)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンヨー食品「くらこん塩こんぶ ごま油香る塩ラーメン」を食す! [グルメ・料理]

DSC04678.jpg

3月29日発売のサンヨー食品「くらこん塩こんぶ ごま油香る塩ラーメン」をスーパーで見つけて購入しました。









DSC04679.jpg

この“塩こん部長”、結構インパクトがあります。









DSC04680.jpg

“塩こんぶの旨みとごま油の香りがマッチ!”と言うことで気に入りました。









DSC04681.jpg

この“くらこん”というのは、塩こんぶの有名なメーカーだそうです。










DSC04683.jpg

上蓋をめくります。
麺は、油揚げ麺です。









DSC04684.jpg

「かやく」と「液体スープ」を取り出します。









DSC04685.jpg

「かやく」を麺の上に乗せます。
なるほど、“塩こんぶ”が目立ちますね。









DSC04688.jpg

お湯を入れて3分+30秒ほど待ちます。









DSC04690.jpg

上蓋を剥がします。









DSC04691.jpg

麺を良くかき混ぜた後、「液体スープ」を投入します。










DSC04693.jpg

良くかき混ぜて完成です。










DSC04695.jpg

まずはスープを一口・・・、ごま油の風味が漂います。
チキンの旨みに魚介類の旨みが加わり、塩こんぶの塩気が美味しいアクセントになっています。









DSC04697.jpg

麺は、縮れ麺でスープに良く絡みます。










DSC04702.jpg

具材は、味の決め手「塩こんぶ」のほか、「キャベツ」と「人参」です。










DSC04699.jpg

塩こんぶ、他の麺でも使えるかもしれません。









DSC04703.jpg

もちろんスープも完食!









DSC04682.jpg

ご馳走様でした。



nice!(64)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

明星「麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば」を食す! [グルメ・料理]

DSC04601.jpg

3月29日発売の「明星 麺とスープだけ 黄金鶏油中華そば」をコンビニで見つけて購入しました。









DSC04602.jpg

“麺とスープだけ”って、どれだけシンプルなカップ麺なのでしょうか?










DSC04603.jpg

この商品は、『社内公募で最も高い評価を得たアイデアを商品化』したそうで、『究極のかけラーメン』と言うことで、良く販売したなと思います(笑)。










DSC04605.jpg

スープへの拘りも感じられます。









DSC04606.jpg

上蓋をめくり、「液体スープ」「「だしパック」「やくみ」を取り出します。
「だしパック」が目新しいですね。









DSC04607.jpg

麺は、ノンフライ麺です。








DSC04609.jpg

「だしパック」を麺の上に乗せ、









DSC04610.jpg

お湯を注いで4分+30秒待ちます。









DSC04611.jpg

上蓋を剥がします。









DSC04612.jpg

ここで「だしパック」を10回ほど揺すって、出汁を溶け込ませます。
「だしパック」には、枕崎産かつお節粉末、利尻産利尻昆布粉末、さば節、焼あごの4種類が使われているそうです。









DSC04614.jpg

麺を良くかき混ぜた後、「液体スープ」を注ぎます。
“阿波尾鶏の醤油スープ”、黄金色に輝くのは鶏油、醤油と鶏油の香りが広がります。










DSC04615.jpg

「やくみ」をかけます。









DSC04616.jpg

「やくみ」は、ネギと黒胡椒とシンプル、まさに薬味ですね。









DSC04617.jpg

良くかき混ぜて完成です。









DSC04618.jpg

まずはスープを一口・・・・、
醤油は、生とたまり醤油、それに「かつお節」と「昆布だし」の風味豊かな味わいで、黒胡椒がピリッとアクセントになっています。









DSC04620.jpg

麺はツルッとしたのど越しのノンフライ麺です。
麺とスープだけというチャレンジングなカップ麺ですが、美味しいスープとともに、アリですね。









DSC04621.jpg

叉焼などの具材を入れると、味が濁るかも・・・。









DSC04622.jpg

もちろんスープも完食!








DSC04604.jpg

ご馳走様でした。



nice!(71)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ラムチョップ」で一杯! [グルメ・料理]

DSC_7044.jpg















DSC04580.jpg

この日は、東武東上線上板橋駅北口近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。










DSC04583.jpg

まずは、名物の「ナミナミスパークリングワイン」、口からお迎えです。










DSC04584.jpg

お通しは、「バケット」です。










DSC04587.jpg

肴は、「空豆とペコリーノ」です。
青臭さはないフレッシュな空豆に、黒胡椒をふりかけ、羊の乳から作ったペコリーノチーズをたっぷりとかけまわします。










DSC04593.jpg

チーズの塩気とピリッとした胡椒がそら豆を引き立てます。












白ワインです。
DSC04595.jpg

イタリアのサルディーニャ島ガッルーラ地域のピエロ・マンチーニ「ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ」、ヴェルメンティーノ100%です。










DSC04597.jpg

さらに、「生ハムサラミ」のハーフサイズです。










DSC_7036.jpg

DSC_7037.jpg

いろいろな種類があって、ハーフサイズでも十分です。











DSC_7043.jpg

メインは、「ラムチョップの炭火焼」です。










DSC_7045.jpg

10g…10円という、重量制です(笑)。
会計を見たら、1,080円だったので、108gのようです。










DSC_7050.jpg

この肉の色は食欲をそそりますね。










DSC_7047.jpg

マスタードをつけていただきました。
牛や豚と違う食感と味、美味しいラムです。











DSC_7038.jpg

ということで赤ワイン、トスカーナのボルゴ・スコペート「ロッソ・トスカーナ」(サンジョヴェーゼ79%、メルロー7%、プティ・ヴェルド7%、アリカンテ7%)です。
マイルドで飲みやすい赤ワインです。











DSC_7054.jpg

〆は、バーボンの「エズラブルックス」のオンザロックです。










DSC_7052.jpg

「ちょこっとナッツ」もいただきました。










DSC_7057.jpg

水も大事ですね。


ご馳走様でした。





nice!(68)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

「桜鯛の桜〆」で一杯! [グルメ・料理]

DSC04532.jpg












DSC04521.jpg

この日は、池袋東口近くの居酒屋“万事快調”に、緊急事態宣言解除後に初めてお邪魔しました。










DSC04542.jpg

座ったのは、いつものカウンター席ではなく、通りに面したカウンター席、ブルックリン席です(笑)。









DSC04523.jpg

まずは、本日の5タップからクラフトビールを選びます。









DSC04527.jpg

静岡市のAOI BREWING(アオイ・ブルーイング)、「Paid Vacation(ペイド・ヴァケーション)」です。
香りが豊かで、旨味と苦味のある濃厚な味わいのIPA(6.5度)です。









DSC04528.jpg

お通しは、「牛肉のしぐれ煮の玉子豆腐」だと思います。
肉に味が染みていて美味しいです。









DSC04536.jpg

肴は、「ほうれん草のごま酢がけ」です。









DSC04539.jpg

芳ばしく甘さのあるごま酢がほうれん草と合いますね。
シャクシャクとしたほうれん草の食感が楽しいです。










DSC04530.jpg

「桜鯛の桜〆」です。










DSC04533.jpg

産卵前の桜の季節に獲れる天然真鯛に、桜の芳香をまとわせたこの季節の一品です。









DSC04538.jpg

口に含むと、桜の薫りが広がり、鯛の甘みが後からやって来ます。










DSC04547.jpg

桜の葉がお皿です。









ここは日本酒ですね。
DSC04529.jpg

すぐ後ろの冷蔵庫を覗きます。










DSC04543.jpg

石川県珠洲市の宗玄酒造「宗玄 純米 山田錦 無濾過生原酒 55%精米」の冷酒です。
この日、メインのカウンター席には、その宗玄酒造の取締役営業部長さんが見えていて、帰り際にお話をさせていただきました。











DSC04548.jpg

次のお酒は、愛知県津島市の長珍酒造「生生熟成5055 純米吟醸 無濾過本生 麹米:山田錦 二割、掛米:八反錦 八割、麹米50%、掛米55%精米」の冷酒です。










DSC04551.jpg

肴は、選べる「酒肴三趣盛り」です。










DSC04560.jpg

左から、「独活のいなか煮」、柔らかく煮えた独活にかかっている削り節が、甘辛い味を引き締めています。










DSC04554.jpg

「ポテトサラダ」、細かく刻まれた具材の食感が楽しめ、タルタルソースのような味わいです。










DSC04557.jpg

「へしこ(鯖の糠漬け)」です。
肴の中の王様の一品、塩味の利いた「へしこ」、酒が進みます(酒を飲むために注文していますが・・・笑)。










DSC04563.jpg

島根県出雲市の旭日酒造「✚旭日 純米生原酒 生酛 改良雄町 70%精米 2015BY」の常温です。
天然の乳酸で酒母を育てる生酛造りなので、酵母は使いません。








DSC04562.jpg

生酛造りらしい酸を感じるお酒です。

飲める時間が長くなったので、ゆったりといただきました。










DSC04520.jpg

ご馳走様でした。



nice!(62)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -