SSブログ

「ヴォンゴレビアンコ」で一杯! [グルメ・料理]

DSC_9423.jpg














DSC_9403.jpg

この日は、東武東上線上板橋駅北口近くのワインバー“すしやあづまニカイ”にお邪魔しました。









DSC_9404.jpg

まずは、「ナミナミスパークリングワイン」で喉を潤します。









DSC_9405.jpg

お通しは、「バケット」です。









DSC_9406.jpg

肴は、「空豆とペコリーノ」です。









DSC_9408.jpg

生の空豆を細かく切って、塩・胡椒・オリーブオイル、さらにペコリーノチーズを振りかけると完成です。









DSC_9407.jpg

器は“空豆のさや”、ちょっとお洒落です。
シンプルな味付けですが、お酒が進みます。









DSC_9415.jpg

「溺れダコ」です。









DSC_9412.jpg

レモンをタップリと搾ります。









DSC_9414.jpg

タコのコリッとした食感とレモン、オリーブオイルとイタリアンパセリ、それに胡椒がアクセントを与えています。










ここで白ワインです。
DSC_9417.jpg

イタリア・トスカーナのボルゴ・スコペートです。










DSC_9416.jpg

シャルドネ75%、ソーヴィニオン・ブラン20%、ゲヴェルツトラミネール5%、爽やかでスッキリとした飲み心地のワインです。










DSC_9424.jpg

“アサリのワイン蒸し”ではありません。










DSC_9419.jpg

メインの「アサリたっぷり過ぎ ヴォンゴレビアンコ」、愛称は“貝塚”です。










DSC_9421.jpg

たっぷり過ぎるアサリでパスタが見えません(笑)。










DSC_9427.jpg

麺の茹で方は、もちろん“アルデンテ”、『歯ごたえが残る』食感です。
塩は加えていませんが、アサリから出る塩分のため塩気が強めで濃厚です。
これがローマ料理だそうです。










DSC_9428.jpg

アサリの貝殻が貝塚のようにたっぷりと残ります(笑)。










DSC_9430.jpg

〆は、バーボン「エザラ・ブルックス」のオンザロックです。










DSC_9429.jpg

45度とやや高めの度数ですが、まろやかな口当たりが美味しいです。










DSC_9432.jpg

つまみは「ちょこっとナッツ」です。










今宵も満足!
DSC_9433.jpg

ご馳走様でした。



nice!(52)  コメント(5) 

nice! 52

コメント 5

COPP(コップ)

私は30代のころ、エズラにはまっていました。
いまドクターストップがかかり始めていて、せめてワンショットだけでも、時間をかけて楽しみたいです。
イタリアンテイストのタコ、美味しそうですね。

今年はまだ飲んでいません。酒粕で我慢の日々です。
by COPP(コップ) (2022-03-14 22:39) 

さる1号

アサリがいっぱいのヴォンゴレビアンコが美味しそう
まさに貝塚、素敵過ぎ^^
by さる1号 (2022-03-15 07:53) 

きーちゃん2

ブフッ!パスタ麺がかくれてしまうぐらいたっぷりのったアサリのおかげでほんとにアサリのワイン蒸しかと思ってしまいました^^。まぁでもそれだけ食べ応えがあるし白ワインがガンガンにイケそうです。
by きーちゃん2 (2022-03-15 16:07) 

ヨッシーパパ

白ワインに合わせた料理ですね。
by ヨッシーパパ (2022-03-15 20:06) 

newton

COOP(コップ)さま、コメントを有り難うございます。酒粕で我慢はつらいですね。ゆっくりとエズラを窘める日が早く来ると良いですね。

さる1号さま、コメントを有り難うございます。まず、アサリしか見えないお皿に驚かされます。そして食べ終わった後の貝の山にも・・・。

きーちゃん2さま、コメントを有り難うございます。白ワインをたっぷりと飲むためのパスタのようです(笑)。

ヨッシーパパさまさま、コメントを有り難うございます。ボンゴレビアンコの塩気でワインが進みます。
by newton (2022-03-18 15:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。